2020年4月末時点の資産状況

こんにちは。

シンノスケです。

実は今週からひっそりと朝活を始めました。(今日も5時起き)

ルーティーンとしては10時寝の5時起きです。

過去に何回も失敗してきた早起き。。。

このGWでなんとか習慣化させたい。

状況は随時、このブログやTwitterで発信しようと思います。

コロナは相変わらず根強く残っていますね。

東京でも最近落ち着いてきたと思ったら、昨日また100人越え。

無症状期間が長く、空気感染もするので、新規感染者数0の期間が続かないとまた感染拡大する恐れがあります。

緊急事態宣言は5月末まで延長されましたが、期間終了後に解除されたとしても、再び感染拡大し、活動自粛というプランも十分あり得そうですね。

リアルに今後の生活の在り方や、世間のニーズを変える出来事になる可能性があるため、私自身ポートフォリオを組む際も柔軟に対応していきたいと思います。

それでは先月の投資結果をご報告。

まず市況から。

【2020年4月の日経平均推移】

今月の日経平均は前月比で大きく回復。

一時期20,000円を超えてきました。

コロナで経済が落ち込んでいる中逞しい動きですね。

ただ実体経済が停滞し続けている中、株価だけが回復しているという、ある種いびつな動きをしていますので、今後大きな下落も想定の中に入れておきたいと思います。

次は私の個人実績を発表します。

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク

今月の金融資産は前月比△296,358円

ポートフォリオの状況はこちら。

銘柄名 口座 保有数 平均取得価額 現在値 評価損益
プレミアグループ NISA 200 1,510 1,733 △ 44,600
ダイコー通産 NISA 300 1,020 1,307 △ 86,000
遠州トラック 特定 100 1,278 3,225 △ 194,687
  △ 325,287

今月は前月比296,358円のプラス

日経平均の動きに比例するように、私のPFも大きく戻してきました。(まだまだ年初比マイナスですが。。。)

今週はPFの変更を実施。

キュービーネットを損切りし、その資金でダイコー通産を買い増ししています。

正直キュービーネットは私がとても期待していたビジネスモデルの銘柄でしたので、苦渋の決断でした。

ただ現状コロナが蔓延し、大部分の店舗が閉鎖状態となっており、今後もまだ再開のめどが立っていません。

さらに仮に緊急事態宣言が解除され、営業が再開したとしてもワクチンが開発されるまでは再度営業自粛に追い込まれる可能性もあります。

また同社は有利子負債が多く、活動自粛期間が長引けば財務的にも苦しくなると思い、一旦売却することにしました。

ただ魅力的なビジネスを展開していることに変わりないため、また安心して活動が再開できる目処が立った時は、改めて買いの検討をしたいと思います。(買いに行くのはそれからでも遅くない)

遠州トラックは巣篭もり消費の期待から、大きく上昇。(一時買値から3倍高)

ダイコー通産も5Gやテレワーク拡大等による通信量増加の期待から堅調に推移しています。

コロナが長引いても、それなりに耐えられるPFを組んでいると思っていますので、あとはひたすらステイホームするだけです。

個別株の推移

【7199 プレミアグループ】

プレミアグループは大分戻してきました。

5月は2,000円奪還なるか?

【7673 ダイコー通産】

ダイコー通産は決算直後に若干売られたものの、また戻してきました。

この調子で5月も頑張ってほしいです。

【9057 遠州トラック】

遠州トラックは巣篭もり消費や原油価格の下落もあり急伸。

来週の決算も期待してます。

買う理由なく買わず、売る理由なく売らない

先ほども書きましたが、現在は活動自粛による経済停滞が継続しているにもかかわらず、日経平均は上昇しています。

個別銘柄についても同様のことが言えると思いますが、こんな時は業績が大きく落ち込む可能性があるのに、株価が上昇しているからといって慌てて買うのは非常に危険です。

逆に明確な売りの理由が無いのに、株価が下落しているからといって売る行為も同様です。

相場が乱高下している時こそ冷静に考え、明確な買いの理由がある時だけ買い、売りの理由がある時に売る。

この姿勢を忘れずに株式投資に取り組んでいこうと思います。

2020年金融資産推移】

昨年末1,281,566

現在 1,176,790

(内訳 株:1,061,200円、現預金:115,590円)

年初来増減▲104,776年初比▲8.18%※サラリー入金含む

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク

★気に入ったらシェアをお願いします★

フォローする

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク