三機サービス(6044)が第二四半期の決算発表

株式投資
スポンサーリンク

先週末に三機サービスが第二四半期の短期決算を発表しました。

この銘柄は年末にアプライドを売却してポートフォリオの中に取り入れた、いわばルーキー銘柄になります。(アプライドが売却直後に大きく上昇していることは内緒です)

 

早速年末に上方修正を発表し、早速稼いでくれた私にとっては非常にありがたい銘柄ですが、今回の短期決算はどうなったでしょうか?

 

とりあえず業績

【第二四半期累計実績】

                         (%表示は、対前年同四半期増減率)

 売上高営業利益純利益
 百万円%百万円%百万円%
30年第2四半期5,27924.2%38140.7%26239.4%
29年第2四半期4,24934.4%27151.1%18860.6%

 

【通期の見込み】

                    (%表示は、対前期増減率)

 売上高営業利益純利益
 百万円%百万円%百万円%
通期予想10,00013.9%63016.9%41715.6%

 

事前に上方修正が出ていたのでサプライズは無かったものの、売上をはじめとする各項目が大幅に伸びており力強い成長が感じられます。

良い感じではないでしょうか?

通期の予想に対しても、全項目で50%をクリアしています。

 

PERは21.1倍と少し高くなってきましたが、時価総額はまだまだ90億円足らず。

 

メンテナンス事業を手掛けており、24時間365日体制で保守管理業務を請け負っているため、サービスを利用する側は面倒な保守業務を丸投げでき、今社会問題となっている人手不足を解消するビジネスモデルを持っています。

 

不況にも強そうな銘柄だし、売る理由は見当たりません。

ストックビジネスであることも魅力の一つですね。

 

また第4Qが終わるころには更なる上方修正があるかもしれません。

 

決算直後の株価

決算発表の翌営業日である本日の株価は-6円の1,571円でした。

一時50円以上下げていましたが、終値では大分戻してきました。

年末の上方修正時に大きく上昇していたので、本日はさすがに少し下がりましたが、長期的に見ればこれから上昇してくれると思っています。

 

とりあえず当分ガチホ予定

業績の伸び、ビジネスモデル、時価総額の観点から見ても、売る理由は見当たりません。

唯一の懸念点は20%を超えたPERぐらいかな?

その点も利益が増えてくれば押し下げられてくるでしょう。

 

最近NISA口座にも移したし、当分ガチホ&買い増しを貫く予定です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました