2022年4月末時点の資産状況

投資成績
スポンサーリンク

こんにちは。

シンノスケです。

 

もうGWも終盤ですね。

久しぶりに自粛無しのGWとなりましたが、みなさんどのようにお過ごしでしょうか。

私は自分と妻の実家に行き、家族で過ごしていました。

 

たまにお互いの家族で集まって話をするのも良いですね。

 

連休中は毎日お酒を飲み、怠惰な生活をしてしまいました(笑)

なのでこれからは規則正しい生活に戻し、体調を整えていきたいと思います。

 

それでは先月の投資結果をご報告。

まず市況から。

 

【2022年4月の日経平均推移】

4月の日経平均は一時期28,000円を超えてきましたが、その後下落して26,500円を切る水準まで落ちてきてしまいました。

コロナやウクライナ問題があるせいなのか、なかなか上昇モードに入ってきませんね。

 

次は私の個人実績を発表します。

 

 

今月の金融資産は先月末比▲169,515円

ポートフォリオの状況はこちら。

銘柄名口座保有数平均取得価額現在値評価損益
モビルスNISA100811699-11,170
ビープラッツNISA1009411,153+21,200
プロパティデータバンクNISA1001,7651,936+17,120
スペースマーケットNISA200549500-9,800
キュービーネットNISA2001,4011,400-120
ブリッジインターナショナルNISA1001,8621,816-4,600
日本ホスピスHLDGSNISA1001,7371,721-1,640
プレミアグループNISA2001,5103,845+467,000
アイリックコーポレーションNISA300993945-14,280
+463,710


4月は先月比169,515円のマイナスでした。

※4月末実績を記録し忘れたので、5/7時点の数字となりますが、ご容赦ください

日経平均同様、私のポートフォリオも前月比で大きく下落しています。

 

全体的にどの銘柄も下げていますが、ビープラッツが下方修正を出したのは痛かったです。

最近は少しずつ株価が上がってきていたのに、完全に水を差しましたね。

理由はスポット案件の期ズレによるものとのこと。

 

売却するか少し考えましたが、ストック収入部分がそれなりに成長を継続していたので、保有を継続することにしました。

 

一方プロパティデータバンクは決算の内容が好感されたのか、1,900円台まで上昇しています。

来期は買収した会社の数字も加算されていたため、ある程度売上や利益が伸びる予想になっていました。

本業部分の成長がイマイチなのが課題ですね。

売上の伸び以上に利益が伸びているのは良いと思いますが。

 

あと昨日はプレミアグループの決算発表でしたが、安定の内容でした。

リアルにこの会社の安定感は凄いです。

 

 

個別株の株価推移

【4370 モビルス】

先月購入したモビルスは下落を続け、含み損状態となっています。

とりあえず気長に保有。

 

【4381 ビープラッツ】

下方修正により大きく下落したビープラッツ。

サブスク部分が積み上がれば、株価も上がってくるはず。

 

【4389 プロパティデータバンク】

プロパティデータバンクは決算発表後に上昇。

一時期は大きな含み損状態でしたが、信じて保有して良かったです。

 

【4487 スペースマーケット】

スペースマーケットもさえない株価。

次の決算発表に期待。

 

【6571 キュービーネット】

キュービーネットは1,400円ラインでグダグダしてます。

月次成績は良い感じなので、この調子が続けば株価も戻ってくるはず。

 

【7039 ブリッジインターナショナル】

ブリッジインターナショナルは一時2,000円を超えましたが、また下がってしまいました。

 

【7061 日本ホスピスHLDGS】

日本ホスピスは相変わらずのヨコヨコを継続。

 

【7199 プレミアグループ】

プレミアグループはジグザグ運動を継続。

会社自体は成長しているので、信じて保有を継続。

 

【7325 アイリックコーポレーション】

アイリックはまだ950円当たりをウロウロしています。

5月は久しぶりの1,000円台復帰なるか?

 

 

会社が成長を続ければ、いつか株価は上がるはず

4月は相場の影響もあり、金融資産が減ってしまいました。

ただ個々の銘柄を見ると決して悲観する内容ではないと感じています。

 

会社が成長していても株価に反映しないことは多々あります。

なので持続的な成長を続け、かつ今後もその成長が続くと想定される限り、保有を継続したいと思います。

 

いつか市場がその会社の魅力に気付けば、自然と株価も上がってくるはずなので。

 

 

株式投資を始めるなら業界最大手のSBI証券がオススメ

高配当株を買うなら、業界最大手のSBI証券がオススメです。
SBI証券
であれば手数料は最安水準。

またIPO銘柄等の取扱いも豊富で、利便性は文句なしです。

 

Tポイントを使って投資信託を購入できるのも魅力の1つです。

 

どの証券会社にしようか迷っている方は、SBI証券を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

2022年4月末時点金融資産】

2,209,050円(昨年末時点 2,592,519円)

(内訳 株:2,165,000円、現預金:44,050円)

年初来増減-383,469年初比-14.79%※サラリー入金含む

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました