2022年2月末時点の資産状況

投資成績
スポンサーリンク

こんにちは。

シンノスケです。

 

2月はウクライナ情勢でコロナ問題がかすむほどに世界全体がエラいことになってますね。

ロシアへの経済制裁の影響で、今後は日本国内でもさらに光熱費が上昇してくる可能性が高いようですし、ますます国民の生活が逼迫してきそうです。

 

さらに株価も下がって、私のような弱小投資家には辛い時期になっています。。。

 

それでもできることをやっていくしかないですね。

コロナ問題でも首都圏では万ぼうが延長され、正常な日常生活ももう少し先になりそうですが、前を向いて生きていきたいと思います。

 

それでは先月の投資結果をご報告。

まず市況から。

 

【2022年2月の日経平均推移】

2月の日経平均はこんな感じでした。

やはりウクライナ問題もあって月の後半ぐらいから大きく下げていますね。

現在では26,000円を割り込んでいます。

 

早く戦争が終わり、株価も回復してくればいいのですが。

 

次は私の個人実績を発表します。

 

今月の金融資産は先月末比△78,988円

ポートフォリオの状況はこちら。

銘柄名口座保有数平均取得価額現在値評価損益
ビープラッツNISA1009411,143+20,200
プロパティデータバンクNISA1001,7651,411-35,380
スペースマーケットNISA200549543-1,200
キュービーネットNISA2001,4011,670+53,880
コンヴァノNISA100753717-3,640
ブリッジインターナショナルNISA1001,8621,900+3,800
日本ホスピスHLDGSNISA1001,7371,866+12,860
プレミアグループNISA2001,5104,075+513,000
アイリックコーポレーションNISA300993901-27,480
+536,040

※2月末にスクショを取り忘れてしまい、3/2時点の数字となりますが、ご容赦ください

 

2月は先月比78,988円のプラスでした。(評価額合計:2,271,529

前月対比で増えてはいますが、1月に30万円以上減っているので、微々たる回復となっています。

しかも現時点では上記金額より10万円以上減っています。。。

 

ポートフォリオについてはこの前買ったテスホールディングスを売却し、スペースマーケットを200株新規購入しています。

テスホールディングは今後の成長性にふと疑問を感じ、ヒヨッって売却してしまいました。

長期投資家を目指しているのに恥ずかしい限りです。

 

一方スペースマーケットについては、以前から気になっていた銘柄だったのに加え、一時期より大分株価が下落していたので、購入するチャンスだと思って購入しました。

 

・売上高が堅調に拡大していること

・とある不動産投資家のブログを見て同社を勧めていたこと

・月単位でまとめて買うより、時間帯別に貸した方が不動産投資の利益が大きいとネットで書いていたこと

・最近増えているユーチューバーからも撮影等で使われており、自身としても便利なサービスだと感じたこと

・不動産投資やユーザーとWin-Winな関係になるサービスだと判断したこと

この辺りが購入した理由となります。

 

PERは200倍を超えており数字だけ見ると非常に割高ですが、時価総額が約60億とかなり小型株なので、正直あまり気にしていません。

順調に売上や利益が拡大すれば、PERもそれなりの水準まで低下してくるであろうという楽観的な考えですが。

 

とりあえず業績の成長が続く限り持ち続ける予定です。

 

個別株の株価推移

【4381 ビープラッツ】

NEC関連会社と再販パートナー契約を締結したことで、一時株価が上昇しましたがその後すぐに下落。。。

とにかく上昇を待つのみ。

 

【4389 プロパティデータバンク】

プロパティデータバンクも一時期より大分下がってきましたね。

今は我慢するしかありません。。

 

【4487 スペースマーケット】

2月に入ったルーキー銘柄。

株価は微妙だけどこれからヨロシク!

 

【6571 キュービーネット】

キュービーネットはジグザグ運動の繰り返し。

2月の売上は前年並みで冴えなかったけど、長期目線では伸びてくるでしょう。

 

【6574 コンヴァノ】

コンヴァノ700円を割ってきました。

コロナがマシになれば株価も上がってくるかな。

 

【7039 ブリッジインターナショナル】

ブリッジインターナショナルは先月に引き続き、大きく下落。

今は我慢しかない。

 

【7061 日本ホスピスHLDGS】

日本ホスピスはこの情勢にしては健闘している方かな。

施設数が増えてくれば、自然と業績にも寄与してくると思うので、ガチホ継続。

 

【7199 プレミアグループ】

プレミアグループは一時4,000円を超えてきましたが、その後下落。

業績は盤石なので、株価がついてくるのを待つだけ。

 

【7325 アイリックコーポレーション】

アイリックは900円台をウロウロ。

この辺りが底値であることを願いたい。

 

 

下落局面こそ最大の買い時ではある

今は株価が下がって苦しい局面ではありますが、逆に言えば絶好の買い時でもあります。

こんな時こそ冷静に銘柄選びを行い、中長期的な成長が見込め、かつ割安だと感じた会社の株については、積極的に購入を検討していきたいと思います。

 

現在はあまり買付余力が残っていませんンが、そこは保有株を売却するか、節約してコツコツ資金を確保するなどして調整するしかないですね。

 

 

株式投資を始めるなら業界最大手のSBI証券がオススメ

高配当株を買うなら、業界最大手のSBI証券がオススメです。
SBI証券
であれば手数料は最安水準。

またIPO銘柄等の取扱いも豊富で、利便性は文句なしです。

 

Tポイントを使って投資信託を購入できるのも魅力の1つです。

 

どの証券会社にしようか迷っている方は、とりあえずSBI証券を選んでおけば間違いありません。

 

 

 

2022年2月時点金融資産】

2,322,765円(昨年末時点 2,592,519円)

(内訳 株:2,271,529円、現預金:51,236円)

年初来増減-269,754年初比-10.41%※サラリー入金含む

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました