2021年8月末時点の資産状況

投資成績
スポンサーリンク

こんにちは。

シンノスケです。

 

8月は菅さんが総裁選に出馬しないというサプライズが起きました。

聞くところによると、「株の税金を30%に引き上げる」ことを掲げている方も出馬するようですが、投資家からすると是非止めていただきたいものです。

 

現在の20%から10%の引き上げははデカすぎます。。。

日本人により投資の裾野を広げるためにも現行の維持が良いかと。

 

菅さんが時期総理にならないニュースが出た後、株価は上昇しているので、投資家からは好意的に受け止められているのでしょうか。

どちらにせよ、時期総理の手腕に期待したいです。

 

それでは先月の投資結果をご報告。

まず市況から。

 

【2021年8月の日経平均推移】

8月の日経平均は一旦27,000円を割り込んでから上昇に転じてきました。

9月に入ってからはイケイケモードに突入していますね。

 

次は私の個人実績を発表します。

 

今月の金融資産は先月末比△196,785円

ポートフォリオの状況はこちら。

銘柄名口座保有数平均取得価額現在値評価損益
フィル・カンパニーNISA1002,3402,651+54,000
プロパティデータバンクNISA1001,7651,259-36,880
キュービーネットNISA2001,4011,612+79,080
コンヴァノ特定100701740+3,801
ブリッジインターナショナルNISA1001,8622,496+79,200
日本ホスピスHLDGS特定1002,0591,808-7,825
プレミアグループNISA2001,5103,345+397,000
アイリックコーポレーションNISA300993915-2,280
合計+566,096


8月は先月比196,785円のプラスでした。(評価額合計:¥2,318,800

※8/末の株価を記録していなかったので、実績は9/1のモノになりますが、ご了承ください。

一時期は株価の下落が続き、金融資産が200万円を割り込みかけましたが、何とか230万円台まで回復しました。

 

7月は75,000円を証券口座を投入し、コンヴァノを新規購入。

今のところ含み益状態となっています。

時価総額が低く伸びしろがあることに加え、緊急事態宣言が継続しつつも1Qでコロナ前水準に近い売上高をあげ、それなりに利益も確保できていることから、アフターコロナ銘柄として今後の株価上昇を期待し、購入しました。

 

現在保有銘柄数は8銘柄となっています。

 

個別株の推移

【3267 フィルカンパニー】

フィルカンパニーはヨコヨコ状態を継続中。

 

【4389 プロパティデータバンク】

プロパティデータバンクはちょっと戻してきました。

 

【6571 キュービーネット】

キュービーネットは8月後半あたりから一気に上昇。

 

【6574 コンヴァノ】

8月から我がポートフォリオに仲間入りしたコンヴァノ。

買値から少し上昇していい感じ!

 

【7039 ブリッジインターナショナル】

ブリッジインターナショナルはジグザグしながらもヨコヨコをキープ。

 

【7061 日本ホスピスHLDGS】

日本ホスピスは決算後の大きく下げましたが、その後買値付近まで回復。

 

【7199 プレミアグループ】

プレミアグループはいったん下げましたが、ジワジワと戻してきました。

 

【7325 アイリックコーポレーション】

アイリックコーポレ-ションも1,000円付近まで上昇。

 

 

株で自分を守る要塞を作る

私は将来有望な会社の株をコツコツと買うことで、少しずつ自分を守る要塞を作ることができると思っています。

 

今の私のように金融資産が少ない内はショボい要塞しか作ることができません。

しかし何千万、何億円というところまで増やすことができれば、業績拡大によりほっとくだけでお金が増えて、配当金まで貰える最高の要塞となります。

 

将来自分にとって最高の要塞を作るために、日々投資資金を作りつつ、楽しみながら株の勉強を続けていこうと思います。

 

2021年8月時点金融資産】

¥2,360,095円(昨年末時点 1,744,054円)

(内訳 株:¥2,318,800円、現預金:¥41,295円)

年初来増減+616,041年初比+35.32%※サラリー入金含む

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました