【男料理のススメ】苦手な人もこの3種の調味料を揃えればなんとかなる

こんばんは。

料理付きの社畜ブロガーです。

私は昔から料理が好きで、今でもよく作っています。

今は結婚しているため平日は作りませんが、週末のゴハン作りは私の役割。

最近Twitterでも作った料理をアップさせていただきました。

今日はそんな料理好きな私が料理をする理由(一番は楽しいからですが)と役立つ調味料をご紹介させていただきます。

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク

男が料理をするメリット

生活力が付く

料理ができれば、仮に彼女や奥さんが実家に帰ったり、体調が悪くていない時もゴハンの時に困ることはありません。

冷蔵庫の中に、最低限の材料と調味料があればチャチャっと作って済ませることができます。

つまり、女性に依存しない男になることができるのです。

健康に良い

料理が苦手だからと言って、外食やコンビニ弁当ばかり食べていたら体に良いわけありません。

外で食べたり、買ってくる食べ物は基本的に野菜が少なく、味付けが濃い目に作られています。

特に社畜投資家は体が命!

料理を作ることで健康な体作りをすることができます。

節約ができる

肉や魚、野菜など、スーパーで素材を買って作るとメチャクチャ安く済みます。

カイワレとかもやしだと20~30円で買えますからね。

タイムセール等活用すればもっと安いです。

多分一食当たり300円もあれば十分ではないでしょうか。

大体飲食店の原価は30%程度と言われているので、300円の物を1,000円で出しているという事です。

つまり、300円もあれば十分美味しい物が作れるということですね。

弱小投資家たるもの、節約は欠かせません。

健康に良くて安い!

それが自炊なのです。

自分の好きなように作れる

外食すると具が少なかったり、味がいまひとつ、と感じる時ってありますよね。

自分で作る料理はそんなことが発生しません。

全て自分の好きなように作ることができます。

例えば、カレーライスを食べる時もルーを好きなだけかけることができるし、自分好みの辛さに調整することだってできます。

つまり、全て自分好みにカスタマイズできるのです。

料理はそんなに難しくない

プロのシェフになるとかなら別ですが、料理は基本そんなに難しい物ではありません。

大抵、

①材料を切る

②煮るかor焼くor炒める

これでOKです!

後は塩、コショウなどで味を整えればほとんどマズイものはできません。

不味くなる理由は、あれこれと変な物を入れてしまうからです。

シンプルな味付けをしておけば、多少味の濃い薄いはあっても、不味くなりようがないのです。

男料理の三種の神器

こんな料理好きの私から、タイプ別に料理が苦手な方でもバッチリ美味しくできる魔法の調味料を紹介します。

和食なら

味の素さんの本だし。

みそ汁からお吸い物、煮物までこれさえあればばっちりです。

洋食なら

またまた味の素さんのコンソメ。

コンソメスープはもちろん、カレーや炒め物を作る時に入れても、コクをグッと増してくれます。

中華なら

またまたまた味の素さんの鶏がらスープの素。

味の素さん最強です!(笑)

中華スープからチャーハンなど、これを入れておけば間違いなし。

上記の3調味料は超オススメです!

正直、適当に肉や野菜を切って鍋にぶっこみ、水と一緒に煮込むだけで十分美味しいスープができます。

皆さんも是非、試してみてください。

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク

★気に入ったらシェアをお願いします★

フォローする

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク