月々5万円、ボーナス時10万円の小遣いでいくら投資資金を確保できるか

株式投資で成果をあげるうえで、投資資金を増やしていくことは必要不可欠です。

私は結婚しており、家族を養っていかないといけないので小遣い制です。

月々5万、ボーナス時に10万円(2017年冬季のボーナス分より7万円に変更)をもらうことで妻から了承を得ています。

そこで今日は毎月必要な支出をまとめ、1年間でどれぐらい投資資金に回すことができるのかを現実的にまとめてみることにしました。

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク

月々の支出まとめ

平日のランチ代(月々10,000円※年間120,000円)

平日、仕事の日のランチは牛丼やほか弁等を活用し、基本的に一日ワンコイン(500円以内)で抑えています。

なので一ヶ月に20日勤務として約10,000円。

あわせて読みたい

今までは会社で水を買うこともありましたが、これからは家で買っているペットボトルの水を持っていくことを徹底し、水代は0円に抑えていきます。

休日の交通費(月々4,000円※年間48,000円)

休日に妻と出かける時の食事代金などは家計から出していますが、交通費は自分の小遣いから捻出しています。

平均すると土日で約1,000円ぐらいでしょうか。

なので一ヶ月4週間として4,000円の出費とします。

交際費(月々5,000円※年間60,000円)

「基本的に節約のために外で飲むのは控えたいですが、月に一回程度は気心が知れた友人と飲みに行きたいので月に5,000円で設定します。

もちろんお店は安い居酒屋にしか行きません。

歯のクリーニング(月々1,500円※年間18,000円)

最低限の清潔感を保つため&将来の医療費を防ぐために1~2ヶ月一度、歯のクリーニングに行きます。

一回のクリーニング代は約1,500円です。

あわせて読みたい

散髪(月々2,000円※年間24,000円)

毎月の散髪代も小遣いから捻出しています。

切りに行ったときに毎回短めに切ってもらっているので、スパンとしては1.5~2ヵ月に一度ぐらい。

費用は頭皮マッサージも含めて約4,000円ぐらいです。

二カ月に一回としてカウントし、月々2,000円とします。

妻へのプレゼント代(年間60,000円)

妻の誕生日とクリスマスの日には自腹でプレゼントを購入しています。

アクセサリー系が多いですが、費用は一回に約30,000円ぐらい。

年に2回プレゼントしているので、年間でみると約60,000円になります。

1年間で捻出できる資金は約40万円

月々5万円、ボーナス(年2回)時10万円だと収入は年間80万円。

上記の支出を合わせると33万円となります。

つまり自分の小遣いから捻出できる資金は単純計算で47万円。

実際には会社の歓送迎会などの臨時出費、ブログのサーバー代金の支払い等もありますので、40万円ぐらいになるでしょう。

配当金とブログ収入が資金創出のカギを握る

正直、年間40万円だけの投資資金上乗せでは例え10年経っても400万円にしかなりません。

到底サラリーマン脱出はできないでしょう。

ここで頼りになるのが株の配当金とブログ運営の収入です。

あわせて読みたい

時間とともに投資資金やブログの記事数が増えてくれば少しずつ得られる収入も増えてくるはず。

無駄遣いせずに全て投資資金に回し、株の買い増しを行うことで確実にサラリーマン脱出への道を歩んでいこうと思います。

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク

★気に入ったらシェアをお願いします★

フォローする

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク