【投資家の下積み】億り人を達成するまで冷や飯を食べ続ける覚悟はあるか?

特に私のような弱小投資家にとって毎日節約し、種銭を捻出するという作業は避けて通ることができません。

それに初期段階では投資について勉強するよりも、地道に証券口座へサラリー入金をした方がよっぽど早く資産形成ができます。

アインシュタインが「人類最大の発明」と呼んだ複利の力も相応の投資元本があってこそ真のパワーを発揮するものです。

つまり本気で凡人が億り人を目指そうと思ったら、職人さん同様、投資家にも下積み生活が必要となります。

もし私が長期間下積みをする覚悟があるかと聞かれれば、自信をもって「ある!」と即答できます。

それぐらい私にとって経済的自由を達成することは、優先順位が高いことだからです。

しかし日々節約生活をしている分、辛いなーと思うことがあることも事実です。

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク

節約制約はこんな時に辛い

親しい友人と呑みに行く回数が限られる

呑みに行くにはお金が必要です。

なので節約をしなければいけない私は、当然のように呑みに行く回数は限られます。

今友人と呑みに行くのは月に1回あるか無いかぐらいです。

投資をしていなかった時代は、当然のように毎週呑みに行ったりしていた時期もあったので、その頃と比べると激減しました。

会社の飲み会は大嫌いな私ですが、やはり気心の知れた友人とお酒を酌み交わすのは楽しいもの。

そんな時間が減ってしまったのは正直辛いです。

最近はクーポンを使ったりして、呑みに行くときもできるだけ安いお店をチョイスして行くようになりました。

欲しい物を我慢しなければいけない

元々私は物欲があまりない方だと思いますが、それでも少なからず欲しい物はあります。

例えば投資の勉強のために使う本やブログを書くパソコンだったり。

どうせならカッコいいノートPCで書いた方がテンションも上がりますよね?(笑)

でもそんな高価な物を買うなら、投資資金に充てなければいけないのが私の現状です。

ちなみに今はブログを始める前に中古で買ったノートPC(金額は多分5万ぐらい)で執筆活動を行っています。

普通に動くし問題ないのですが。

ちなみに私服はもう1年以上買っていません。

UNIQLOの服をオールシーズン買い揃えたので、後はダメになるまで着るだけです。

あわせて読みたい

将来株式投資やブログでそれなりに稼げるようになったら、投資の勉強本やブログ関連の機器についてはある程度お金を使おうかと考えていますが、まだまだそんなレベルには達していません。

お金を使う時、いちいち株のことを考えてしまう

どれだけ節約しても、歓送迎会の季節で会社の飲み会は入ったりして、どうしても支出がかさんでしまう時があります。

そんな時は節約生活をしていると通常よりストレスになりやすいです。

この飲み会代が無かったらもっと証券口座に入金できるのに!みたいな。

後は調子に乗って無駄遣いしてしまったときの罪悪感が半端じゃない。

酔っぱらってしまった時にやらかしてしまいがいなのですが(笑)

まさに後悔先に立たずです。。。

本気で「億り人」を目指すなら「冷や飯」さえも楽しむぐらいの気持ちで

大きな目標を達成するためには、当然辛いことも待ち構えています。

でも大切なことは、そんな辛いことさえも楽しんでしまうことです。

それに社畜生活が大嫌いな私にとっては、中途半端な楽しさを取って一生社畜確定の生活よりも、経済的自由を目指して若干不自由な今の生活の方が100倍マシです。

それに一度資産を築いてしまえば、後は人生のボーナスステージが待っています。

あわせて読みたい

Youtuberとして大成功したヒカキンさんも、下積み時代は4年間200円の定食しか食べなかったそうです。

私は確実に4年以上の下積みは必要になりそうですが、それでも人生は大きな野望を持っていた方が絶対に楽しいはず。

これからも自分のペースで投資家としての下積み時期を楽しんでいこうと思います。

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク

★気に入ったらシェアをお願いします★

フォローする

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク