【体験者が語る】転職活動は「働きながら」するべき理由

転職活動を始めたいけど、今の仕事続けながらが良いのか、それとも先に辞めてしまった方が良いのかわからず迷っている。。。

こんな悩みにお答えします。

先に結論から言うと、「よほどの理由がない限り仕事を続けながら転職活動をするべき」だと私は考えます。

ちなみに、私も仕事を続けながら転職活動を行い、約2ヵ月で内定を貰えました。

年収も上がり、ワークライフバランスも大幅に改善することができています。

この記事では、なぜ仕事を続けながら転職活動するべきなのか?について私の実体験を交えて解説します。

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク

転職活動を働きながらする3つのメリット

焦って条件の悪い会社に就職するのを防げる

働きながら転職活動をすることで、仕方なく条件の悪い会社に入る危険を防ぐことができます。

働き口を確保して収入源を確保しておけば、最悪希望している条件の会社に合格できなくてもお金がなくて困ることは無くなるからです。

しかし、もし会社を辞めてしまっていたらどうでしょう。

ずっと転職活動が上手くいかず、貯金も底をついてきたらついつい内定を欲しがって、前職より条件の悪いところに行ってしまうかもしれませんよね。

このように収入源さえ確保おくことは、自分が希望している条件の会社に入るたにも非常に大切です。

実際に私の周りに、会社を辞めてから転職活動をした人もいますが、実際に無職になるとの精神的ストレスは相当なものだと言っていました。

全ての消費活動について、節約していたそうです。

また子供と奥さんを抱えながら、仕事を辞めてしまったファンキーな人もいるのですが、仕事が決まるまでは、本人だけじゃなく奥さんも相当不安だったみたいです。

その点私は仕事を続けながら転職活動を行ったので、肉体的にはハードでしたが、精神的にはそれなりの余裕を持って最後まで続けることができました。

面接の時も精神的に優位に立てる

働きながら転職活動を行うことは、対面接官との対話でも精神的に優位に立つことができます。

低収入があるという余裕は、面接でもプラスに働くからです。

仕事をしていない場合、よほど自分に自信がある人でもない限り

「仕事もないし、どうにかして採用してもらわないと」

こんな心理(守りの気持ち)がはたらきます。

しかし、仕事をしていない人であればこうです。

「別に採用してくれなくても生きていけるし、とりあえず思い切ってやってみよう」

攻めの気持ち

要は、仕事をしていればより攻めの気持ちになりやすいということです。

ご機嫌を伺いながら守りの心理の人と、思い切って攻めの心理の人、アナタならどちらを採用したいでしょうか。

私が面接官なら圧倒的に後者の人の方が、魅力的な人材だと感じます。

仕事を続けることで、無駄な試験、面接を排除できる

仕事をしながら転職活動をすれば、無駄な受験を排除することができます。

なぜなら、今の仕事より条件が悪い会社であれば今の会社に残る方が自分にとってプラスなので一切受ける必要がなく、自分が望んだ条件を満たした会社のみを受験すればいいからです。

もし、これが無職状態の活動だったらどうでしょうか。

もちろん自分が望んだ条件を満たした会社のみを受けることができますが、合格する保証はどこにもありません。

そういった状況であれば、

とりあえず働き口を探さないといけないから、少し条件は悪いけどこの会社も受けてみるか

こんな心理になりやすいんです。

つまり働きながら転職活動をすることで、無駄な受験を避け、的を絞った効率的な活動が可能になるということです。

転職活動は量的に働きながらでも十分にできる

転職活動確かにハードですが、頑張れば十分仕事をしながらでも取り組むことは可能です。

最初に職務経歴書だけ作りこんでしまえば、あとは基本的にSPIと面接を受けるだけだからです。

面接対策も自己PRは大体決まっていると思うので、後は面接当日までに会社に合わせて志望動機を考えるぐらいでOKです。

あとは下手にアピールしようとせず、聞かれたことにたいして素直に自分が思っていることを話してみましょう。

面接官との会話を楽んでやろうぐらいの気持ちぐらいが丁度良いです。

仕事を辞めて転職活動に時間をつぎ込もうしても、正直そこまでやることはありません。

それなら多少しんどくても、仕事を続けて心に余裕を持ちながら活動を行った方が、自分の志望通りの会社に行ける確率は上がるというのが私の実感です。

働きながら転職活動をする際にやるべきこと

周囲にはバレないようにしよう

会社を辞めることを決意するまでは、職場の同僚には転職活動をしていることは内緒にしておきましょう。

自分自身が働いている会社を辞めるという事にたいして、快く思う人はあまりいません。

もし会社に誇りやプライドを持って働いている人ならなおさらです。

必ず辞めるということであれば話は別ですが、転職活動が上手くいかなかった場合、今の会社に残るという可能性も十分にあり得ます。

その時に転職活動をしていることがバレてしまうと、そのことを気に入らない上司から不当な扱いを受けたり、同僚との関係が悪くなってしまう可能性も考えられます。

また仲がいい人だからと言って、「ここだけの話にしといて」みたいな形で話すのもNGです。

噂話はどこから流出するかわかりませんから。

誰かに話すのは、本当に退職を決意してからです。

体調管理に気を遣おう

活動中は特に体調管理には気を遣うべきです。

先ほども書きましたが、転職活動は面接等気を遣う場面も多いので、体力的、精神的にそれなりに疲れるからです。

もし風邪等で体調を崩した場合は、本来のパフォーマンス発揮できず、せっかくエージェントが見つけてくれた好条件の会社を逃してしまうこと可能性もあります

特に若い人の場合は遊びたい気持ちもあると思いますが、転職活動2,3ヶ月の短期決戦です。

終わるまでは睡眠や休息をできるだけ取って、体調管理に努めましょう。

できれば若いうちに転職活動を始めよう

年をとってから転職活動を始めるのはあまりオススメできません。

なぜなら30台を超えたあたりから、徐々にマネージメントスキルが求められるケースが増えてくるからです。

つまり自分がプレイヤーとしてしか働いていなかった場合、転職のハードルが上がってしまうということになります。

私が知っている先輩も仕事はかなりできる人なのですが、30歳を超えてから転職活動を始めたため面接すら辿り着けず、書類選考でほぼ落とされてしまったと言っていました。

その先輩は、とあるミラクルな方法で合格をもぎ取っていましたがが(笑)

30歳以降でマネージャーとしての経験がない場合は、保有している人が少ない特殊なスキルを獲得しているなど、なにかアドバンテージが無いと人事には魅力的な人材として判断されにくいでしょう。

私もそのことを事前に知っていたので、転職活動は20代後半から始めました。

活動を始める前に、「本当に転職」をするべきか真剣に考えよう

具体的な転職活動を始める前は、「本当に辞めなければいけないのか」ということを一度真剣に考えるべきです。

働きながら活動をするのはハードなので、中途半端な気持ちで取り組んでも結局上手かない可能性が高いからです。

もし、

・そこまで今勤めている会社は嫌いじゃない

・嫌なところはあるけど少し我慢すれば耐えられる、または自分の努力で改善できる

これぐらいの気持ちであれば、今の会社に残った方が良いでしょう。

なぜなら会社というものは、実際に入ってみないと実情が分からないからです。

・一見華やかな仕事に見えても実は地味な仕事が多い

・前評判ではホワイトな会社と聞いていても、入ってみると一部のブラックな部署に配属されてしまった

こんなことは普通にあり得る話です。

私の場合は前職でかなりブラックな働き方をしていたので、

・これ以上のブラックはそうそうないはず

・もしその時は、社会人はこんなもんだと思って転職先で働き続けよう

こんな風に自分なりの覚悟を決めて転職活動を始めました。

これから転職を開始しようか迷っている場合は、一度振り返って「本当に辞めなければいけないのか?」という点について考えることをオススメします。

よろしければこちらも読んでみてください

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク

★気に入ったらシェアをお願いします★

フォローする

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク