周りが消費している中、生産する心地良さは格別

暖かい部屋で、

柔らかい生地のスウェットに包まれ、

熱々のコーヒーを飲みながらブログを書いている。

今私の状況を説明するとこんな感じです。

決して特別な贅沢をしているわけではないですが、心地良い空間で、落ち着いた精神状態の中、生産活動をしている状況に最高の心地良さを感じています。

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク

周りの人が消費している中、自分は夢に向かって生産活動を行っている

少なくても私の周りの人のほとんどは、本業の仕事以外に生産活動(金銭的な)をしていません。

だから仕事以外の時間は専ら消費活動に勤しむしか無い。

同僚と飲みに行ったり、休日にゴルフに行ったり。

しかし私は運良く生産活動を趣味にすることができました。

そう、このブログです。

周りの人が、あーでもないこーでもないと愚痴を言い合ったり、聞きたくもない上司や先輩の説教を聞きながら安い居酒屋にお金を落としている中、

私はまっすぐ帰って栄養バランスの取れた妻のゴハンを食べ、落ち着いた空間で自分の資産(ブログ)を育てています。

しかも基本的に私が好き勝手、自分が書きたいことを書いているだけなので、ほぼノーストレスです。

逆にこの状況に慣れてしまうと、なぜ周りの人がそんなに無駄なことに時間やお金を費やしていられるかが理解できなくなってきます。

私達の命は有限で、無駄なことに時間を使う時間なんて1秒も無いはずなのに。

しかし周りがひたすらお金と時間を浪費している中、自分は夢に向かって楽しみながら生産活動を続けている。

そんな状況が、私を心地良くさせてくれるのです。

性格悪いですかね?(笑)

消費しか趣味にできない人の末路

サラリーマンの場合、本業でしか生産活動を行わない人は一生会社という監獄から抜け出すことはできません。

完全週休二日制の会社に勤めている人でも、7日に5日はストレスに耐え、辛い時間を過ごさななければいけないのです。

ただ多くの人は抜け出したいとすら思っていないでしょう。

私も以前そうでしたが、会社に勤めていることは前提条件であり、その上で仕事の疲れやストレスとどう付き合っていくか。

そんなことばかり考えていました。

恐らくセミリタイアを考えながら人生設計をしている人は、かなり少数派だと思います。

ほとんどの日本人は、国家が設計した教育プログラムに見事に流され、身体の自由が利かなくなる60歳頃まで身を粉にして働き、僅かに残された余生を年金で暮らし、人生を終えるのです。

年金は、私が年老いたときに支給されるかさえ不明ではありますが。

出会えて良かった、ブログは最高のオモチャ

ブログを始めて1年以上経ち、すこしずつ生活の一部になりつつあります。

月々約1,000円の費用だけ払えば、何を書こうが、何記事書こうが自由。

さらにお金も稼げる。

こんな最高のオモチャと出会えて本当に良かった。

これからも周りが安い居酒屋などで消費活動を行っている間、まっすぐ帰ってこのオモチャと戯れながら、楽しんで資産作りに勤しんでいきます。

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク

★気に入ったらシェアをお願いします★

フォローする

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク