平日のランチをカロリーメイトに変えたらメリットしかなかった

先月から節約を兼ねて、平日の昼ご飯をカロリーメイト一本に変更しました。

その時の記事がこちら。

ランチをカロリーメイトに変更大作戦
最近ヘボリーマンぶりを存分に発揮してしまい、仕事がうまく回らず昼食を食べる時間を確保できずにいます。 今日も昼食抜きだった、今日の...

アマゾンでカロリーメイトをまとめ買いし、一日当たりの食費は約100円

ちなみに以前までは会社の人と一緒に行くと一日約1,000円、一人で食べる時でも約500円ぐらい使っていました。

カロリーメイトに変更してから1ヶ月以上たちましたが、自分的には変更してメリットしかなかったので、ご紹介させていただきます。

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク

ランチをカロリーメイトに変更して感じたメリット

節約ができる

変更前と比べると、昼食代が1/5~1/10まで減らすことができました。

私の月々のお小遣いは5万円。

この中から必要経費を差し引き、投資資金を捻出しなければなりません。

今までは何も考えずにランチにお金を払っていましたが、多い時で月々20,000円近く払っていたランチ代を約2,000円まで削減できたことで節約ができ、より多くの資金を株式投資に回すことができるようになりました。

食後の眠気が無くなる

今までランチを食べた後は、体がだるくなると同時に眠気も襲ってきていましたが、それが一切なくなりました。

そもそもなぜ食後に眠くなるか調べてみるとこんな記事がみつかりました。

食べ過ぎ等による胃への過剰負荷は、消化器官へ血液が集中する要因となり、脳への血液の循環が減る理由となります。脳への血液の循環が減ることにより、脳全体の活動が穏やかになり、眠気が促されるのです。

出典:http://igot-it.com/syokugo-nemuke-319.html

食べ物を消化するために胃などの消化器官に血液が集中し、脳への血液が減少するために眠くなるようです。

つまり食べるものを最低限に抑えれば、脳の血液の減少が最低限に抑えられるため、眠くならないということ。

仕事の効率が上がる

今まで一時間近く時間をとっていたランチの時間ですが、カロリーメイトに変更して2、3分で済ませることで、仕事に使える時間が大幅に増えました。

休憩時間が減って辛いと感じるかもしれませんが、私の職場は先輩が多いので、会社の人たちとランチに行くとめんどくさい説教を聞かされることもあります。

その説教を聞くぐらいなら、自分の仕事を早く終わらせるために時間を使った方が遥かに有意義です。

それにランチ時に一度集中力が切れると、戻った時に再度集中するも億劫になりますので、それなら集中を切らさずに仕事をし続けていた方が楽なことに最近気づきました。

無駄な脂肪とおさらばできる

カロリーメイトに変更して摂取カロリーが減少したせいか、最近体重が一キロ近く減りました。

体重計で体脂肪を測ると、以前より2%ぐらい下がっていたので、確実に脂肪が落ちていると思います。

元々そんなに太っている方ではありませんが、若干気になっていたお腹の脂肪も取れてきたきがします。

慣れればお腹が空くと感じることも無い

変更当初はさすがに少し空腹を感じていましたが、今ではカロリーメイト生活に慣れて「お腹が空いた」と感じることも全くなくなりました

よくよく考えると、今までが食べ過ぎていたのかなーと感じています。

食べ過ぎると消化するために内臓が疲弊し、リフレッシュするためにランチに行っているのに、逆に身体が疲れてしまう可能性もあります。

よく食事は腹八分と言われていますが、仕事の日のランチに限って言えば腹二分ぐらいがちょうどいいのではないでしょうか。

まとめ

今までランチを食べるときは周りに流されて、本当に必要な物かを考えることもせずに、みんなと同じように食べることが多かったです。

しかし、それは自分にとっては疲労や眠気を発生させ、さらにお金まで余計に使ってしまうデメリットだらけの物でした。

もしあなたが日々のランチ代を節約したいのであれば、安くて簡単に食べられるカロリーメイトを活用してはいかがでしょうか。

よろしければこちらも読んでみてください

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク

★気に入ったらシェアをお願いします★

フォローする

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク