【頭の良さだけじゃない】高学歴の人達が仕事ができる理由

こんにちは。

シンノスケです。

昨日センター試験が開始しました。

最近ドラゴン堀江というホリエモンと売れない芸人やグラビアアイドルが、東大を目指すっていう企画がYouTubeでやっててよく見ていたので、どうなったか楽しみにしているところです。

かくいう私も学生時代にセンター試験を受けました

当時は試験の結果次第で人生が変わるぐらい深刻に考えていたので、メチャクチャ緊張していたのを覚えています。

ちなみに一緒に試験会場に向かった友人は、試験に遅刻するのが怖くて、前日に学生服のまま寝たというファンキーな奴でした。

今日はせっかくセンター試験が開催されたので、学歴について書いていこうと思います。

私は一度転職を経験しているのですが、前職では毎年かなり高学歴の新人が入社していました。


ほとんどが東大、京大、早稲田、慶応もしくは聞いたことも無い海外の大学を卒業していたぐらいです。(ちなみに私は全く威張れるような大学には行っていません)

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク

高学歴の人達はなぜ仕事ができるのか?

高学歴の人達についてどう思いますか?


勉強と仕事は別。

勉強ばっかりしてきたから人とのコミュニケーションができない。

こんな風に思う人もいるでしょう。

実際に私もそうでした。

でも私は一緒に働いていみて感じたんです。

こいつら半端なく努力できる

そう。

高学歴の人って、ハードワーク出来る人が多いんです。


東大とか京大に入る人は、よほどの天才でもない限り誰もが嫌いな勉強を死ぬほどしてきてます。

その時点で、やりたくない嫌なことをやるというストレス耐性が鍛えられているんですね。

なので例えお客さんから怒られようが、仕事で遅くなって睡眠時間が削られようが、頑張れるんです。

要するに仕事って、どれだけ嫌なことをやり続けられるか?なんですよね。
だからみんなが嫌がることを継続してやり続けられる人って、ビジネスマンとしてメチャクチャ強いんです。


これは体育会系の人達にも同じことが言えます。

例えば名門大学のラグビー部出身の人達が、一流企業に就職するといった話を聞いたことがありませんか?

参考 不況知らず。羨ましい~慶應ラグビー部、関学アメフト部の華麗なる就職先

これは想像もできないほど過酷なトレーニングを耐えてきた学生なら、仕事の苦しみも乗り越えられると会社もわかっているから内定を出すんだと思います。

だって周りが合コンやらサークルやらでチャラついている間、ずっと死ぬほどキツイ練習耐えてきた人達って根性が違いますよね。

確かに勉強してきた内容やラグビーの技術は、社会では役立たたないかもしれません。

でもみんなが嫌がるしんどいことをやり抜いた根性は、就職してからこれ以上ない武器になるんです。

学歴は一生モノ。多少時間をかけても取得する価値はある

私はみんなに自慢できるような学歴を得ることはできませんでした。

学歴って一生自分にまとわりついてきます。

勿論それが全てではありません。

でも就職活動ではなんだかんだ言っても学歴がモノを言いますし、入社した後も良い大学を卒業していれば「頭が良いんだ」というイメージを先入観として周りに植え付けることができます。

それに結婚するときに相手の両親に挨拶に行くときも、高学歴の方がイメージが良い可能性が高いです。

1回取得してしまえば、一生モノのブランドにもなる学歴。

時間と労力を思いっきりかけても、手に入れる価値はあると思います。

受験生頑張れ!(笑)

あわせて読みたい

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク

★気に入ったらシェアをお願いします★

フォローする

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク