【失敗から学ぶ教訓】決算延期&下方修正はタチが悪すぎる

こんにちは。

兼業投資シンノスケです。

今回ジェイリースの爆下げで総資産の10%以上を失ってしまいました。

今週の投資結果(11/12~11/16)ジェイリースの暴落で大爆死※金融資産合計1,084,095円
こんにちは。 シンノスケです。 以前記事もしましたが、今年から筋トレを日課にしています。 最近アマゾンでこ...

なんとか決算発表前に売却していたので、最悪の事態だけは避けることができましたが、それでも大きな痛手を負ってしまったことには変わりありません。

関連記事

損しただけだとシャクなので、今後の教訓のためにも一連の出来事を通じて感じたことを書いていこうと思います。

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク

決算延期&下方修正のダブルパンチは痛い

今回一番感じたことは、

①決算が2度延期されたこと

②下方修正

このダブルパンチは投資家にとって、かなりの脅威だということです。

図にすると次の通り。

私の投資ルールでは、「会社の成長シナリオが崩れた時に売却する」なので決算時に思わしくない業績が出たとしても、翌日に売却できれば基本大きな下げは一回で済みます。

しかし一回延長してしたこと自体でパンチを喰らってしまうと、その後に下方修正などの悪い決算が出てしまうともう一度大きな下げをもらってしまうのです。

今回、ジェイリースについては売上の伸びは良かったものの、大きな減益。

ストップ安になっても仕方ないぐらいの内容でした。

ちなみに今回の通期予想がこちら。

出典:http://disclosure.ifis.co.jp/data/disclose/f3/20181213/140120181213448993.pdf

少し見にくいですが19/3期当初計画と比較すると、売上高以外の利益面については軒並み大きく下がっています

ちなみに前期は赤字だったというオチ。

これでは投資家から売られてしまうのも、仕方ないと思います。

今後のジェイリースについて

いままで散々悪口を言ったジェイリースですが、

・私が最も重要視している売上高が順調に伸びている

・利益面も前年からは改善している

・法改正、日本における外国人労働者の増加見込み

上記の理由からポテンシャルは秘めている企業だと判断し、監視銘柄として動きを見ていく予定です。

ただKabutanで確認すると1株当たりの利益が12.5円だったので、今のままでは高すぎると思っています。

できれば1株250円ぐらいで買いたいですね。

決算が延期された場合は、一旦売却がセオリーかな

今回の教訓としては、決算延期が発表された時は一旦売却して逃げる。

これに尽きると思います。

今回の件については、延期が発表される前から含み損を抱えていたこともあり、売却するという判断ができず、さらに大きな損失を被ってしまいました。

もちろん状況にもよりますが、決算が遅れるということはたいていの場合良くないことが起こっているという事だと思いますので、一旦退いて様子を見るのが正解だと思います。

もし何もなかったらまた買い戻せばいいだけの話。

以上が私が今回の件で感じたことです。

まだまだ投資初心者の私ですが、実践を通じて失敗したことを次に活かし、同じ失敗を繰り返さないようにしようと思います。

よろしければこちらも読んでみてください

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク

★気に入ったらシェアをお願いします★

フォローする

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク