イナゴタワーは無視でいい

株の世界にはイナゴ投資家と呼ばれる人達がいるらしい。

イナゴ投資家とは、短期で材料株の回転売買を繰り返す個人投資家等のことである。出典:Wikipedia

言ってみれば超短期投資家

長期投資を信条としている私とは対極の世界にいる方々です。

そしてそんな投資家たちが集まって作るのがイナゴタワー

もし自分が保有している銘柄にイナゴタワーができたら、上昇しているうちに高値で売ってしまいたい

そう考えるのが人の性でしょう。

私もこれから長い投資生活、自分の保有銘柄がイナゴチャートを形成することもあると思います。

なので、今日はいざという時に焦らないようにするために、あらかじめ対応方法を決めておくことにしました。

結果から言うと、イナゴタワーは完全に無視で良い。

これが私の結論です。

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク

イナゴタワーの例

これはマネパグループ(8732)という銘柄のチャート。

一気に上昇した後急落し、見事なイナゴタワーを形成しています。

ちなみにその後は何もなかったかのように見事な横ばい。

レベルが高いイナゴ投資家は、株価が上がりきったところで売り切り、利益をかっさらっていくわけです。

万が一山の頂上で買ってしまったりしたら、目もあてられませんね。

私が信じるのは目に見える数字だけ

イナゴタワーで儲けるには、買い時、売り時を瞬間的に判断する能力が求められますよね。

しかし私は昔からギャンブルの才能が皆無なので、相場の流れを読んだり、チャートの形から今後の株価を予測するなんていう高等技術は最初から諦めています。

勿論ビジネスモデルを考慮したりはしますが、基本的に私が信じるのは業績やPERなど目に見える数字のみです

なのでいくらイナゴタワーを形成しようが、そんなものに惑わされることなく一切無視でいいのです。

偶発的に形成されたチャートにいちいち反応していたらきりがありません。

それにもし割安で確実に成長を続けている会社であれば、イナゴタワーを形成して急騰⇒急落したとしても、いつか必ず株価は上昇するはずです。

いついかなる時も自分の投資ルールを遵守していればいい

自分の投資ルールをチューニングすることは必要です

投資を始めた頃に決めたルールをただ守り続けて勝てるほど、甘い世界ではないでしょう。

しかしただ周りに流されて、自分がせっかく決めた投資方法に反した行動をするのは非常に危険だと思います。

特に私のようなリーマン投資家は、チューニングしながら自分で決めた投資ルールをわき目もふらずにひたすら守る

これでいいと思うんです。

最近ビットコインなる仮想通貨が流行しましたが、今やビットコインも全盛期の半値程度まで落ち込み、コインチェックという取引所では580億円ものお金が一瞬にして抜き取られる事件まで発生しました。

ありきたりな言葉かもしれませんが、やっぱりそう簡単には、一獲千金みたいなことはできないということですね。

私には毎日コツコツ節約し、種銭を増やしながら10年、20年かけて億り人を目指していく

そんな投資法が合っています。

何度も言いますが、イナゴタワーは無視でいい。

これが私の結論です。

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク

★気に入ったらシェアをお願いします★

フォローする

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク