本業をバイトとして考えてみる

本業の仕事を期限付きのバイトとして考えてみたらどうだろう?

ふとそんなことを考えてみました。

最近サラリーマン脱出のためにブログと株式投資を始め、やっと人生に小さな希望が見えてきたところですが、やっぱり仕事は楽しくない(笑)

何とかこの仕事に対する考えを変えようとして思いついたのが、正社員としての仕事を敢えて期限付きのバイトとして考えることでした。

一生懸命本業の仕事をしている人に怒られそうですが、今日は敢えてバイトとして考えるメリットを書いていきます(笑)

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク

本業の仕事を敢えてバイトとして考えるメリット

ミスしたときに、落ち込みずらくなる

バイトとして考えると、ミスをして怒られたとしても「まぁバイトだからいっか」と気楽に考えることができます。

怒られた後に落ち込んだり引きずっていると後の仕事にも影響が出てきますよね。

一度したミスは反省したらすぐに気持ちを切り替えることで次のミスを防ぐことができます。

期限があると思えると精神的に楽

特にシンノスケみたいな仕事が大っ嫌いの人間にとって、定年までこの仕事が続くことは地獄です。

でも今の仕事をブログと株式投資で稼げるようになるまでの期間限定だと思えばまだ頑張れそうな気がしますよね。

人間関係での気疲れが減る

会社が期間限定での居場所だと思えれば、どうしても好きになれない上司や先輩との関係も、

一生付き合う関係ではないので楽に考えることができます。

別に嫌われないために仕事をしているわけでもないので、そのために空気をよんだり、気を遣ったりするのもバカバカしいです。

好きなことだけして生活したい

仕事はどうしても好きになれませんが、別に私の仕事は最近よく言われているブラック企業なわけではありません。

土日はしっかり休めるし、平日の業務もどんなに遅くても20時で終わります。

給料だって生活するのに困らないだけはありますし、家賃の補助だってしてくれています。

ボーナスだってそれ相応にもらえます。

自分でも恵まれている環境で仕事をさせてもらっていると思っています。

でも私は嫌いなことは一切したくありません。好きなことだけして生きていきたいんです。

嫌いなことに人生の貴重な時間を使うのはホントにもったいない。

私と同じように仕事が嫌で嫌で仕方ないサラリーマンの方。

一度定年まで続くかもしれない仕事ですが、一度期限付きのバイトとして考えてみてはいかがでしょうか?

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク

★気に入ったらシェアをお願いします★

フォローする

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク