【完全解説】仲良くなりたい人と近づくために必要なたった一つのこと

・仲良くなりたい人がいるけど何をするべきかわからない

・近づく方法を具体的に知りたい

・ついでに初対面の人と話すときのコツを知りたい

こんな悩みをお答えします。

私は会社員として10年以上社畜生活を続けており、また営業職でもあるため常に社内外で面倒な人間関係にさらされてきました。

会社という場所は、

・出世したい

・面倒な仕事は受けたくない

・あの人より営業成績を上回りたい

・上司にアピールしたい

このように色んな欲が渦巻いている場所だからです。

私は別に会社の人に嫌われても、なんとも思いません。

会社はあくまで「収入を得るための場所」であって、「友達を作りに行く場所」ではないからです。

関連記事

しかしそんな欲望だらけの中に身を置くうちに、

人はどういった要素で心が動くのか?

どうしたら人と仲良くなりやすいのか?

についての「メカニズム」がわかってきました。

そんな私が、この人と仲良くなりたいと思った時に実践するべき「たった一つのこと」について書いていきたいと思います。

基本これだけやればOKです。

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク

人と仲良くなるためには「価値」を提供すればいい

仲良くなりたい人がいたら、「価値」を提供しましょう。

やるべきことはこれだけです。

そうすれば、こちらから近づかなくても相手から自然と近づいてくるようになります。

この人と一緒にいると、

・楽しい気持ちになる

・気持ちが落ち着く

・有益な情報が学べる

・自分の成長につながる

・周りの人に自慢できる

このように、何でもいいので「相手にとってプラスになる人」になればOKです。

ブログ運営でも同じです。

有益な情報がたくさん発信されているブログにはたくさん人がやってきますよね。

逆にいくら一生懸命近づいても、相手にとってプラスの人にならなければ意味がありません。

人間は、圧倒的に「得」で動くからです。

冷たい言い方かもしれませんが、これが現実です。

アナタだって、

・一緒にいてつまらない人

・何も得るものが無い人

こんな人と仲良くなりたいと思わないですよね?

なので、仲良くなりたい人がいたら「価値を提供する」

このことを意識して行動しましょう。

それでは次はどうやって「相手に価値を提供するか?」ということについてご紹介していきます。

やるべきことは一つですが、そのための方法は無限にあります。

私が紹介する方法も、その中のほんの一例です。

相手に価値を提供するする具体的な方法

トーク力を磨いて心地いい気分にさせてあげる

人と仲良くなるには「トーク力」を磨くのが一番手っ取り早く、そして安く済みます。

圧倒的なトーク力があれば、

・楽しい気分にさせる

・気持ちが落ち着く

相手をこんな「価値」を提供することが比較的容易にできるからです。

お笑い芸人がモテたり、有名な女優と結婚できるのはこのトーク力が優れているため、女性に「価値」を提供できているからです。

そしてトーク力を磨くためには、ひたすら練習するしかありません。

・トークが上手い人の真似をする

・相槌のタイミングや話すスピード、話す内容等を徹底的に研究する

こんなことを実践しつつ、相手の反応を見ながら徹底的に自分なりのスタイルを作っていきましょう。

異性を紹介する

人脈を広げて魅力的な異性を紹介できるようなるのも一つの手です。

魅力的な異性との出会いは、大概どの人も求めているからです。

例えば「速攻で合コンを開くことができるスキル」は、特に若い時は先輩や友達からかなり重宝がられるでしょう。

合コンを開くことで「異性との出会い」という価値を提供していることになります。

仕事で成果を残す

職場の人と仲良くするには、仕事で成果を上げましょう。

成果を上げるだけで、周りの人にとって「価値がある人」になり得るからです。

例えば後輩にとって、仕事ができる先輩は「良い手本」になります。

できる人の真似をすることによって仕事のスキルが向上するかもしれませんし、話を聞くことで新たな発見があるかもしれません。

また上司にとっても、デキる部活は大切な存在です。

上司は自分が管轄してるグループ全体の実績が自分の評価となります。

そのためグループの実績を底上げしてくれる部下=自分の評価を上げてくれる存在になるんです。

また出来る部下がいることによって、「自分はしっかりと指導している」とアピールすることもできます。

会社内の人と手っ取り早く仲良くなろうと、思ったら仕事のスキルを上げることが一番の近道です。

外見を磨いて、「一緒にいることを自慢できる人」になる

外見を磨くことも立派な価値の提供になります。

外見が良い人と一緒にいることは、相手にとってプラスの要素となり得ることが多いからです。

あなたもイケメンや美女と一緒にいるとそれだけで気分が上がりませんか?

もしその人が彼氏や彼女の場合、友達にも自慢できますよね。

もしあなたが太っているなら、食生活を改め、ライフワークの中に運動を取り入れましょう。

適度な筋肉が付き、引き締まった肉体を得るだけで、あなたが周りに提供する価値を底上げすることができます。

仕事相手の場合は、早く正確に対応する

もし仲良くなりたい相手が取引先などの仕事相手の場合、問い合わせに対してとにかくレスポンス良く、正確な回答をしてあげましょう。

時間が無くいつもせかせかしているサラリーマン達の中に、早く正確な回答を嫌がる人はいません。

そのことによって、相手に一定の価値を提供することが可能です。

初対面の時に第一印象を良くする方法

学校や会社や毎日顔を合わせる人ならともかく、初対面で会う時って緊張しますよね。

そんな時のために、「初対面の人の人と会う時に何を心がけるべきか?」について書いていきたいと思います。

好意を持っていることを伝える

好意を持っていることを伝える

第一印象を良くする上で、アナタと仲良くなりたいんです、とアピールすることは非常に大切です。

よほど自分に自信がある人でもない限り、「この人は自分に好意を持っているかどうか」が気になるからです。

アナタも合コンに行ったら気になる人が自分に好意を持っているか探りながら話をしますよね?

こちらが好意持っていることが伝われば、相手も安心してこちらに心を開いてくれやすくなります。

とにかく相手の話を聞く

話すときは、できるだけ話を聞くことに徹しましょう。

基本的に自分の話をすればするほど、人は気持ちよくなっていきます。

割合的に相手:自分は9:1ぐらいの割合で大丈夫です。

自分が話をする時は、相手が話をするためのキッカケ作りですね。

例えば、

「僕ラーメンが好きなんです、どこか美味しいラーメン屋さん知りませんか?」

こんな感じ。

自分が好きな物を伝えているんですが、同時に相手が話すキッカケも作ってるんです。

逆に自分の話をダラダラとするのは、厳禁です。

人が集中して話を聞けるのは、せいぜい1分ぐらいです。

それを超えると集中力も切れて、「話が長い人だな」とマイナスの印象を与えてしまいます。

隙があればボディタッチ

これは少し高等テクニックですが、タイミングが合えば、軽いボディタッチをするのも一つの手です。

人間は軽く触れるだけで、話をするだけより親近感を与えることができます。

これは仕事中に、私が担当するお客さんから教えてもらったことなのですが、確かに有効だと感じました。

・握手をする

・肩をポンと叩く

これぐらいで十分です。

ただ無理にボディタッチしてしまうと、相手に不快感を与えてしまいかねませんので、無理にせず、あくまで自然にすることが大切です。

自分の価値を高めれば、周りから近づいてくる

「類は友を呼ぶ」といいますが、まさしくその通りだと思います。

人は基本的に自分と同じレベル以下の人としかお近づきになれません。

つまりレベルの高い人と近づくには、自分のレベルを上げるしかないということです。

あなたが「価値」を提供すれば、こちらから仕掛けなくても、自然と周りから近づいてくるはずです。

「仲良くなりたい」と思う人がいたら、まずはその人に価値を提供することを意識し、焦らずにじっくりと人間関係を構築することを心がけましょう。

よろしければこちらも読んでみてください

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク

★気に入ったらシェアをお願いします★

フォローする

広告
レクトアングル大(広告)①

スポンサーリンク